<幼児・児童発達支援-療育とは->

 

ことばや理解がゆっくり、不器用、運動が苦手、

こだわりが強い、話を聞くことや

じっとしていることが苦手、

集団生活やお友達とのかかわりが

うまくいかないなどの特徴を持つお子さんは、

日常生活で過ごしにくさや困っていることが

沢山あると思われます。

乳幼児は、その困り感を周囲に訴えることが出来ずにいます。

 

「あれ?」と思うお子さんには、

早い時期に療育を受けることをおすすめします。

 

どの子もその子なりの発達が必ずあり、

療育を受けることで能力は伸びます。

 

療育とは、その子にとって何が普通かを考え、導き出し、

信頼関係を築き、1つ1つ丁寧に関わることです。

好きなこと、得意なことを活かしながら、持てる力が伸び、

自分自身をコントロール出来るようになり、

過ごしにくさが解消されることを目標とするもです。